2017年3月24日金曜日

3月24日 ドクターヘリ安全研修会(府県別全体症例検討会)

本日は年1回,恒例となっている「ドクターヘリ安全研修会・府県別全体症例検討会」を開催しました.13時から16時まで密度の濃い会となりました.

まず第1部は日本ヘリコプタ協会副会長・長尾様による基調講演を拝聴いたしました.安全運航に必要な方略を医療スタッフ,消防,運航会社などで確認,共有することが出来ました.やはり年に1度は多機関で基本に立ち返ることが必要であると再認識しました.


第2部はパネルディスカッション.テーマは「ドクターヘリを有効活用するための方略」 5つの消防本部(地域MC協議会別)と運航会社からご発表いただきました.ドクターヘリ活用においてアンダートリアージ0を続けるための取り組み,複数のドクターヘリを要請出来る消防本部の取り組み,ドクターヘリと消防防災ヘリの協働が可能な消防本部の取り組みとさらなる展望,要請数は多いが覚知同時要請率が低く,支援,病院選定などに問題を抱える消防本部の実情,地域2次医療機関を巻き込みドクターヘリを積極的に活用する消防本部の取り組み,安全運航に必要な運航会社と消防の密な連携・関係の確認などなど.座長は岡先生,前山先生が務め,会場からの活発な意見を引き出してくれました.



実情,現状を提示し,今後の有益な事業展開につなげることが検討会,検証会の目的です.本日の議論の成果は次回以降の検討会で答えが出ることでしょう.

年度末の多忙な時期にお集まりいただきました皆様,本当にありがとうございました.今後とも何卒よろしくお願い申し上げます.



2017年3月21日火曜日

3月21日 気がつけば 10000

3月20日,ドクターヘリの運航終了時に出動件数が10000件になったそうです.2010年4月17日に運航を開始してから丸7年,安全に地域貢献できていることに感謝いたします.これも消防機関,運航会社(ヒラタ学園),病院事務はじめ関係各所の皆様のお陰です.


件数を競う事業ではありませんが,あらためて安全運航,地域貢献,救命率向上および後遺症軽減といった目標,目的を見つめ直す機会になりました.

2010年4月17日,公立豊岡病院ドクターヘリ事業(通称,3府県ドクターヘリ)が開始されました.午前中にセレモニーが執り行われ,13時から要請受付開始でした.格納庫も給油施設も何もないヘリポートからのスタート.




懐かしメンバーもいますねえ^^



運航開始直後に1件目の出動.丹波市消防本部からの要請でした.ここから歴史が刻まれています.


さて,明日からももっともっと高いレベルを目指して邁進したいと思います.関係者の皆様,地域の皆様,引き続きよろしくお願い申し上げます.




2017年3月18日土曜日

3月18日 第115回日本救急医学会近畿地方会(近畿救急医学研究会)と沢山の出来事

年度末の学会ラッシュも第115回日本救急医学会近畿地方会で終了です.地方会でもしっかりと予演を行い,質の担保と時間厳守の発表を完遂です.


センター長
・幹事会

星野先生
・一般演題:心室性不整脈を来したグルホシネート中毒の一例

濵上先生
・一般演題:気道緊急!?顔面蜂窩織炎からの敗血症性ショック

松村先生
・一般演題:大腸菌による劇症型細菌性髄膜炎の1例

渡辺先生
・一般演題:VV-ECMO導入で救命しえた多発外傷の1症例

臨床は当然,学術活動もこの1年,しっかりと行いました.あとは論文化ですね.医局員の皆さん,よろしくお願いします!

また,15日には大阪府看護協会救急認定看護師研修修了式の記念講演をセンター長が行いました.これから救急認定看護師として現場で活躍してもらうためのエールも含め,救急の実臨床,システム構築の大切さなどをお話ししています.


皆さんの許可をいただいて,写真を掲載しています.これから第一線で頑張って下さい!

救急の現場,センター内は相も変わらずです.緊急手術をはじめ様々な形でSurvey & Resuscitationが行われています.救急集中治療医の生業をそのまま日々実践ですね.


ドクターヘリも1日16件全応需対応など運航スタッフの皆様,消防の皆様のお陰で地域貢献が実現しています.シーズン終わりのスキー場も変わらず対応.ドクターヘリ先着,ゲレンデ内に着陸し自己完結です.


年度末の3月,初療もICU/HCUもフル回転.ECMOもフル回転.2016年度も一気に駆け抜けますよーーー







 

2017年3月17日金曜日

3月17日 テレビ放映の告知です

テレビ放映の告知です.

日時 3月18日(土) 18時58分〜
番組 大阪密着24時(テレビ大阪)
   http://www.tv-osaka.co.jp/sp/osaka24/

間近の告知と地域限定で申し訳ありませんが,TECCMCのドクターヘリ事業をご覧下さいm(_ _)m


2017年3月13日月曜日

3月13日 重症外傷を救い上げる

墜落外傷,ドクターヘリで杉野先生,間先生が飛びます.「骨盤骨折疑い,ショックモード!」杉野先生からの指示でセンター内の準備が始まります.手術室,アンギオ室,輸血などなど.


地上ヘリポートから初療までは2分もかかりません.ドクターヘリ内で循環を立ち上げ,direct traume pan-scan.やはり重症骨盤骨折です.診断と同時に輸血が始まりABCの安定化に努めます.アンギオ台に移ると数分で動脈からの出血が塞栓,循環が安定しないのでそのまま後腹膜パッキング,再度のTAE,そして創外固定.ここまで30分.翌日,抜管されICUで元気に食事をされる姿がありました.

交通外傷,ドクターカーで安田先生が走ります.「BCDの異常,ショックモード!!!」安田先生はTECCMCに走りながら気管挿管,輸液,止血剤の投与を行います.センター搬入,循環は立ち上がっています.direct traume pan-scan.頭部外傷,血気胸,肺挫傷,そして大動脈損傷・・・緊急輸血,胸腔ドレナージ,そして心外の先生のご協力で大動脈ステント留置.蘇生的麻酔は前山先生です.翌々日,しっかりと喋られる姿がICUにありました.

重症外傷の救命は早期医療介入とチーム医療の賜です.Time is Life. 消防機関がヘリ,カーを覚知同時で要請し,医療介入を早める,そして病院前からセンターに各種の指示を出し,搬入後はそれを実行する.こんな日常を紹介してみました.